履物 関づか|岩倉 AA

2020

履物 関づか|岩倉 AA

2020
京都|岩倉

新しい数寄屋

自然が残る京都市北部の地に建つ元建築資材倉庫の中に2つの空間を計画。
工房兼誂えの履物専門店「履物関づか」とギャラリースペース「岩倉AA」。

唐紙、三和土、胡麻竹等、数寄屋の伝統的要素を取り入れつつ新しい素材と調和させ、丁寧に作り込んだ和の空間と対照的に天井高や素材感を残しながら
ディテールを整えた柱の連なるギャラリー空間。

伝統と素、二つの対比的な風景を往来する場に新しい数寄屋の解釈を表現した。

設計
masayuki takahashi design studio
照明計画
modulex 池田淳・尾谷聡
照明
FLOS “Arrangements“|Michael Anastassiades, Serge Mouille, 吉田五十八
唐紙
かみ添 嘉戸浩
金物製作
KITAWORKS 木多隆志(ミラー), 竹俣勇壱(分電盤カバー)
暖簾
朴左愛
グラフィック
ロゴ・名刺・ショップカード|masayuki takahashi design studio
所在地
京都府京都市岩倉
用途
店鋪
工事種別
リノベーション
竣工年月
2020年4月
クライアント
履物 関づか 関塚真司
施工
CONTENPORARY COCOON ROOM702 + KOUEI
撮影
笹の倉舎 笹倉洋平 / masayuki takahashi design studio
topへ戻る